Profile

ippon blade代表 小平天

『究極の一本歯下駄・ippon blade開発者』

1977年 7月7日7時生まれ、43歳。

東京生まれ東京育ち。

フィットネスインストラクター、メッセンジャー、人力車車夫、沖縄県の西表島でネイチャーガイドやマリンスポーツスタッフとして働いたのち、東京の住宅型高齢者施設の専有トレーニングジムで専属インストラクターを務める傍ら、一般向けにボディワーカーとして活動開始。

インナーから目覚めるナチュラルボディ作りのコンディショニングやファンクショナルトレーニングのほか、トレイルランニング、裸足ランニング、ワラーチランニング、一本歯ランニングを指導。

また、自然回帰のリトリートツアーや御来光ツアーを開催し、クライアント様を自然体へとガイド。

東京の皇居の周りを一本歯下駄で走るランニングチーム「下駄練」(現、The ippon blade)を主宰、

各マラソン大会で活躍するたくさんの一本歯下駄ランナーを輩出。

チーム一本歯下駄でリレーマラソン大会に3度出場。

東京近郊の街中や神社仏閣を裸足やワラーチや一本歯下駄で駆け巡るマラニックイベントを開催。

日本各地の山々を裸足やワラーチや一本歯下駄で登山し心身を磨きながら、

各地で開催されているフルマラソン大会や100kmウルトラマラソン大会に一本歯下駄で出場。

2017年4月、一本歯下駄で100kmウルトラマラソンを16時間の制限時間内に完走、

人類史上初の快挙を達成。

2018年5月、石川県白山市に移住。

Facebookページ「The ippon blade」を開設し、一本歯下駄でエクササイズやスポーツをする楽しさを世界に向けて発信して行く目標を掲げる。

2018年9月9日に開催された白山白川郷100kmウルトラマラソンに一本歯下駄で出場し、制限時間14時間の大会で、

13時間59分59秒で、2度目の一本歯下駄100km完走。

2018年11月、モクエン・ワカクリ氏と共同開発した独自のスポーツ一本歯下駄、「ippon blade 369(MIROKU)」発表。

2018年12月、香港のスポーツ雑誌に、一本歯下駄ランナー小平の特集4ページ掲載。

石川県金沢を中心とした北陸地方で本格的にippon bladeの活動を開始、

2019年、5月、9月、TEAM ippon bladeで金沢城リレーマラソンに2回出場。

北國新聞に写真つき掲載。

2019年11月、

台湾の100kmウルトラマラソン大会に出場、海外進出開始。

11月11日、一般向けの新作一本歯下駄「ippon blade 1000(ZEN)」を発表。

現在は、拠点を再び東京に移し、関東地方と北陸地方を往復して活動。

2020年令和2年2月2日、

TEAM ippon bladeで浜松市天竜区天狗の里駅伝出場。

TENARI代表 Ayari*


TENARIボディーワーカー

ippon blade 369インストラクター

株式会社TENARI代表取締役


「自然の中で心豊かな暮らし」を愛する両親の元に生まれ、三人兄弟の末っ子らしい野山を駆け回るような活発な幼少期を過ごす。しかし、極度なアレルギー体質で慢性的な不調を抱え、病院通いが続く。

学校教育にも馴染めず登校拒否なども経験。

高校を中退し社会人になる。

上京し華やかなアパレル業界に入るも、お酒、タバコ、不摂生な生活が続き20代前半で慢性膵炎を患う。

病院のベッドの上で、”何とか身体を変えなくてはいけない”と、一念発起をする。

書店の健康関連コーナーの中で、ヨガの本を見つけ「これだ!」っと直感的に必要性を感じ近所のヨガスタジオに駆け込み通い詰める。

半年後、深く学びを体得するためにオーストラリアバイロンベイにて、全米ヨガアライアンス200時間のトレーニングをレイチェル・ズィンマンから受けヨガの資格を取得する。

東京都内で、フリーランスのヨガインストラクターとして独立。結婚し赤ちゃんを授かり水中出産をする。自然育児の中で元気な女の子がすくすくと育つ。

子育てしながらも2013年7月株式会社AYARIを設立。浜松信用金庫が主催する(現在は浜松いわた信用金庫)第一回・ビジネスコンテスト・はましんチャレンジゲートで最優秀賞を受賞。今を輝く女性起業家として注目を集める。

築50年の民家をリノベーションした「ayanoha」をオープン。

ヨガを中心に、整体、指導者育成、外部講師を招いての講座や、合宿など多岐にわたり企画運営。全国から人々が集うようになる。

しかし、ヨガスタジオを10年間続けていく中で、美容やダイエット、ファッションに寄りがちな現代のヨガ業界に疑問を強く抱くようになる。

ヨガ業界が盛り上がる中、2017年にヨガスタジオを改め、これまでのAyari✼の体験を体系化し「ayanohaマインドフルボディーワーク」のstudioとしてリニューアルする。

大きな方向転換に共感を得られず建て直しに苦労する。

プライベートでは離婚を経験。

最愛の娘と離れて暮らすことになり、再び人生のどん底を体験する。

その中で武術研究者・甲野善紀氏に出会い 、その生き方や身体との関わり方に感銘を受ける。

ヨガ・整体・生理解剖学・甲野善紀氏の古武術などをベースにし、より野性的で理にかなった動きへと変化していくayanohaマインドフルボディーワークは、誰にでも簡単にできることが定評を呼び、企業や医療機関で活用されるようになる。

これまでの実績や2万人以上の指導経験が口コミで広がり、行政や金融機関、小中学校での講演、起業家の育成、新規事業の立ち上げなど、様々なプロジェクトの講師として依頼がくるようになり活動の幅が広がる。健康関連グッズのオブザーバーやモデルとしても活動。

その後、2019年11月に、ipponblade代表小平天氏と運命の出会いを果たす。

同時に、スポーツ用一本歯下駄「ipponblade」を自身の練習に取り入れる。

小平天氏指導の元、「跳ねて走る」リズムのあるランニング法を日々実践し、からだが驚くべき変革を起こす。

これまでのヨガで培ったベースと融合され、あっという間にバネのある身体へと進化した。

41歳から始めたランニングでありながら、8ヶ月後には、ippon bladeでフルマラソンにチャレンジする。

37km走ったところで、制限時間に間に合わず完走ならず。

2回目のチャレンジは、2021年10月10日、フルマラソン以上の50kmウルトラマラソンへチャレンジ。

女性ランナー初となる一本歯下駄でウルトラマラソン50km完走を成し遂げる。

ランニングをはじめて、たったの11ヶ月だった。

ipponblade代表小平天とAyari✼の化学反応は、独創的なメソッドを生み出し多くの人々から定評を呼び、お互いの基盤を元に全国を旅しながらワークショップをするようになる。

二人が織りなしたメソッドは、男性性と女性性を超え「生物として進化」するバランスの良いプログラムとして、運動が苦手な方からアスリート、ヨガインストラクターやボディーワーカー、各業界のプロフェッショナルまで幅広い層がTENARIを訪れ、継続し深め続けている。

2022年3月、株式会社AYARIから株式会社TENARIへと改め、リラクゼーションからランニングなどアクティブなスポーツに至るまで「運動の本質」を根幹に事業の幅を広げ進化し続けている。


TENARIに出会ってくださった皆様へ

私の人生には紆余曲折、さまざまなドラマと試練がありました。

頭ばかりで物事を考えてしまう世の中ですが、やはり体験がすべてです。

私の体験と、あなたの体験が出会い、化学反応で新しい何かが生まれることを、とっても楽しみにしています。

さぁ、自分のからだの伸び代に、あっと驚くような体験を一緒にしていきましょう!



Instagram